ネコとヒトの観察日記

原因判明?!

Category: 突然の不仲  
どうも、クロです。kuro_icon.jpg



その後も変わらず部屋を隔離されているポルベガ。


ベガくんの部屋(エアコンあり)とポルくんの部屋(エアコンなし)の間で


空気の出入りが出来るように設置したネットカーテン。


床に設置する面は、その後スチールの板と、

S02_IMGP6108_R.jpg


強力磁石でかなりしっかり固定ができるようになったので、

S02_IMGP6111_R.jpg


なかなかしつこいと評判(笑)のポルくんの魔の手にかかることもなく、


おばさんの留守中や就寝時に活躍しているんだ。



各自のエリアは確保しつつ、ネットにしたことでお互いの姿を確認することも出来るようになって


だいぶ落ち着きを取り戻した感のあるベガくん。


みずからネットの側まで行ってポルくんの様子を偵察したり、あえてネット際で転がってみたりして


だいぶ積極的になってきたんだ。


S02_IMGP6133_R.jpg
ポルくんが


S02_IMGP6169_R.jpg
ガン見する中でも


S02_IMGP6175_R.jpg
落ち着いてごはんを食べれるようになったな。




でも昨日の晩、おばさんがベガくんの部屋に入るときにスルリと一緒に潜り込んだポルくん。


数秒間は無言の間が続いたので、「もう大丈夫かな?」と思った矢先、


どちらからともなくシャー!が始まってしまったんだ・・・



おばさんがベガくんの前にクッションを差し入れて


お互いの顔を見えないようにしたところ、ポルくんがベガ部屋から撤収していったので


事なきを得たんだけど、全面再開にはまだまだ早いってことが分かった一件だったんだ。



けれど、これまでに大バトルが勃発したときには、おばさんがクッションを差し入れる隙も無いほど


即座に取っ組み合っていたので、だいぶ関係はよくなっているのを感じているおばさん。


あとは焦らずふたりの様子を見ながら全面再開のタイミングを伺うことになるのかな。




そうそう。これまで喧嘩が勃発した理由が分からずに、


前回の袋事件のときを思い出したからかなーなんて想像の世界でしかなかったんだけれど、


このほど、もしかしたらこれが理由?!っていうことに思い当たる件があったんだ!


長くなるので続きで・・・



賃貸集合住宅のおばさん家。


前の入居者が退去してから半年以上空き部屋だったお隣に


年末に赤ちゃんのいるご夫婦が越してきたんだ。


挨拶のときにネコちゃんも居るとは聞いていたんだけれど、


冬の間はもちろん重度の花粉症のため


GW明けまでめったに窓を開け放つことの無かったおばさん。


赤ちゃんの声はシーンとした夜中などに小さく聞こえる程度で、


ネコちゃんの声は全く聞こえないなぁって思っていたところだったんだ。



ところが5月に入り花粉も飛ばなくなり、暖かい日も増えてきて窓を開けていることの増えたおばさん家。


一番よく泣く時期なのか、赤ちゃんの声が聞こえてくることが多かったんだ。



今回のポルベガ不仲事件勃発後のある晩、隣のおうちに一番近いベガ部屋で寝ることにしたおばさん。


深夜に赤ちゃんの夜鳴きが始まったと思ったら、


ギャン泣きの赤ちゃんの声とはまた別の野太い雄たけびが聞こえてきたんだ。


赤:「オンギャー!」 ネ:「ゥワーオ!」 のセッションが延々続いて、


ポルベガもその異様な鳴き声にゥゥゥゥ・・と唸り声をあげ出す始末。



初めての不仲事件も5/22と窓を開け始めてからのことだったし、


鈍いおばさんがこれまで気づいていなかっただけで、


窓を開けるようになってからお隣のネコさんの鳴き声をずっと聞いていて、


刺激され続けたのがそもそも神経をピリ付かせる原因になっていたのかも・・・・


そしてもしかしたら、お隣のネコちゃんが出す警戒フェロモンを感じ取っていたりして?!・・・



という推理なんだ。



それもこれも、ポルベガの話を聞いたわけじゃないのでなんとも言えないんだけどな。


けれど、原因が分かれば対処の仕方やしのぎ方が分かってくるので、


これまでの訳も分からず困っちゃうっていう状況は抜け出せるんだよな。



S02_IMGP5404_R.jpg
またこんな姿が見られるのはいつになるのか


長い道のりになりそうだけど、少しの光明が見えた気がしてずいぶん前向きになったおばさんだったんだ。



------------------------------
ランキングに参加しています。
ポチっと応援お願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ




スポンサーサイト

Newer Entry気になる、でも・・

Older Entry仲直り作戦 難航中

Comments

まだまだ以前のようには戻ってないけど、
クッションを間に挟めるくらいには、
ふたりとも落ち着いてきたって事ね。

それにしても、原因判明!!!
それはかなりの前進だわ!!

十分にあり得る事だよね!!
赤ちゃんの泣き声と猫様の雄叫び(;゚Д゚)
それは人間よりはるかに耳のいい猫様にとっては、
かなりのストレスになるだろうな~
窓を開けなければ聞こえないの?
それとも、周囲が静まる夜中は窓閉めてても聞こえるのかしら?

警戒フェロモンも窓開けてたら感じ取ってるだろうね。

おばさん、光明が見えてよかったね!!
ポルベガくん、平穏な生活が戻るといいね。

やっぱり時間と部屋を隔てるネットのおかげかな?
徐々にではあるけれど、ポルベガくんも落ち着いてきたみたいね…
いきなり茶色い弾丸猫団子ってこともなくなっただけでも
進歩だと思います^^
今まで聞いたことのなかった赤ちゃんやよその猫さんのウーシャーに
ナーバスになっていたのかな…
完全に聞こえなくするのは難しいかもしれないけれど、ご近所の音にも
徐々に慣れてくれるといいですね!

我が家もお隣さんにチビっ子3人と若猫さんが住んでるんですけど
キポアナも子供の声とか泣き声がすると、
すっとんでベランダの方見にいくんです。
「なになに!?」って感じで。
子供の声って猫さんが拾う周波数みたいな何か
独特なものがあるのかもなーって漠然と思ってたので、、あり得そうですね。
病気も原因分かるとスッキリするし、
ポルベガ君も解決の糸口に繋がるといいな(^ω^)
TERUさん
前進しましたよね!!
当初のフーシャー具合から比べると段違いに落ち着いてきていてます。
ただ、じゃぁもう顔をつき合わせても大丈夫かって言ったらまだまだなんだけど(笑)

勝手に犯人にしちゃって申し訳ないけれど、たぶん赤ちゃん&ネコちゃんの声が原因っぽいですよね。
事実、窓を閉めるようにしたら落ち着いてきたので。

ただ、クレームを入れたりした結果、ネコちゃんを手放す・・とかそういう話になると
わたしも悲しいのでそこは穏便に行きたいですね。
窓を閉めていても寝静まった夜中にはわたしにもうっすら聞こえるので、ポルベガにはしっかり聞こえているかも。
ただ、お耳をピンと立てて聞き入るほどではないので、慣れてくればスルーできる生活音にならないかなぁって
思っています。
hanaさん
時間の要素も大きいと思います!
あとは引き戸を閉めていたときはお互いに気になっていても相手の動向が分からなかったのが、
ネットにすることで遠巻きにも知ることが出来たのがよかったのかも。
ほんとに茶色い弾丸猫団子、猫団子違いでこうも恐ろしい代物になるのかってくらい、
デンジャラスだったんで、控えめなシャーになってほんとよかったです!

家の作り上、完全に音をシャットアウトするのは難しいので、せめてお隣に面しているベガ部屋だけは
ベランダの戸を閉めて、折り合いを付けてもらいたいものです。
キポーナ。さん
ネコの声は赤ちゃんの鳴き声に空耳するし、子どもの声も似たような周波数なのかも~!
何しろあんな声が部屋の中でしているお隣の大人はもちろん、赤ちゃん、ネコさんにも同情しちゃうんで
夜鳴きのシーズンが過ぎるのを静かに待つのみです^^;

原因が分からないモヤモヤ期は抜けたので、いくらかスッキリしています♪



« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
このブログ

クロ

Author:クロ
(ネコ科ヌイグルミ属)
オイラ目線でネコとヒトの日常を観察して綴っていくゾ

ポルックス ☆ プロフィール
icon_poll04.jpg
アビシニアンの男の子(レッド)
2012年4月24日生まれ
ベガ ☆ プロフィール
icon_vega03.jpg
アビシニアンの男の子(ルディ)
2012年5月25日生まれ
Gallery
ポチっとしてくれるとうれしいゾ
カウンター
おすすめ
検索フォーム
QRコード
QR
PVランキング